カテゴリ:旅( 3 )

昨日2月22日。中野に行ってきました。

2月22日は、『ネコの日』なのだそうです。
222…ニャ―ニャーニャー…^^

目的は展覧会および講演会。会場はこちらの工芸ギャラリー。

b0207668_13353238.jpg




おお!友の作品が並んでいます。
あの、奥にある、縮緬細工の猫ちゃんたちが、友の作品です。

b0207668_13362388.jpg



陶器の額縁から、黒い猫ちゃんの顔や、しっぽが覗いています。

ふふ。足の裏のぷにぷにも。


b0207668_1462269.jpg



こちらは、陶器のベッドと、白い猫ちゃん。

今は起きて、外の通りを行く人をにこにこしながら見ていますが、
この子、寝ているところがとっても可愛いのです。
ふかふかお布団で、これ以上の幸せないって、笑顔なんです。


b0207668_1465544.jpg




講演会はこちら。
アン・へリング先生による、『猫』が主題の日本のおもちゃ絵などについて。
アン先生とは初対面です。
友の昔からの大事なおともだちなのだそうです。

アン先生は、日本の古文書…それも、庶民が日常で楽しんでいた絵双紙や
おもちゃ絵などの研究者であり蒐集家でいらっしゃいます。

でも、その守備範囲は驚くほど広く深く、今日はたまたま『ねこ』がテーマの
集いなので、猫にまつわる古今の歴史や(それこそエジプト時代から説き起こして)
日本における猫の歴史…どこから伝わってどのように広がって行ったか…
古文書における猫の記述から、江戸、明治における玩具絵など庶民の楽しみに見る
猫の文献とか…

それこそ古今東西、縦横無尽に歴史を跳び越えて楽しいお話をしてくださいました。

先生は、大学の名誉教授でいらっしゃいます。



b0207668_13371568.jpg



アン先生です。
とってもチャーミングなかたです。^^


b0207668_13375171.jpg



講演風景。

b0207668_13401479.jpg



講演の後は、お茶やお菓子をいただきながら、先生による質疑応答。

「源氏物語の柏木と女三宮が、猫を介して劇的な顔合わせ3をするのですが、はい、
皆さん、それはなんという巻でしたでしょうか?」
などと先生から、いきなり問題が出されるので、歴史や日本の文化に弱い私などは
内心冷や汗たらたらです…


でも、なんだか久しぶりに、大学生にでもなってお講義聴いているような気分になって、
とてもとても楽しかったです。
一筋に生きる方は、何とすてきなのでしょう…

もちろん先生は、日本語ぺらぺらです。


この会場のオーナーの方々も、そして、この会の世話役…友の友のY 夫人も、
とても優しい方々で、居心地良く、会場を去る時はちょっと寂しいくらいでした……

たくさんお知り合いやお友達の皆さんにとり囲まれていらっしゃるにもかかわらず、
アン先生もY夫人も、外に出た私に手を振ってくださいました。




b0207668_13415992.jpg



帰りに『コメダ珈琲店』に寄ってきました。
つい前日、このチェーン店のことについて書いたばかりでした。
系列店をたまたま見かけたので、こりゃ、寄らなくっちゃなと思って。
ここの店員さんたちも、向ケ丘遊園店同様、すごく感じがよかったです。



さて。私が連れて帰って来た子たちは。

b0207668_13393382.jpg



b0207668_13404363.jpg



ふふっ。可愛いでしょう?


b0207668_134147.jpg



この、小さな陶器の額縁から、黒猫ちゃんのおしりとしっぽだけが覗いている…
このアイディアが秀逸だと思います!


b0207668_13412279.jpg




ふふっ。
黒猫ちゃんだけれども、白いソックスはいたみたいに4つの脚が白いネコちゃん。


…実は、そのネコちゃんには、友と私だけに通じる不思議なご縁のお話があるので、
この子たち、ぜひとも我が家に連れ帰りたいな、と思ったのです……

名前ですか。
私が人生で一度だけ飼っていたことのある猫…と言っても、その頃私は4歳くらい。
我が家で飼っていた猫の名前、『タマ』にしました。
タマは、小さい私が「タ~マ~!」と呼ぶと、裏の畑や山道のどこにいても
駆け戻って来ていたそうです。
タマはぶち猫でしたけれど。



この下の子は、友の友、Yさんのご主人さまの作品です。


b0207668_13414115.jpg

[PR]
by eveningprimrose45 | 2015-02-23 13:42 |
4月某日。
小田急線沿線のとある町で行われている展覧会に行く。

その建物のある緑地は、180ヘクタールもあって、そこには他にも古民家園や
噴水広場、 自然探勝路、野鳥の森、梅園、つつじ山、奥の池、ホタルの里などがあって、
さまざまな楽しみ方が出来るようになっている。

さて。目的の展覧会は。

b0207668_1454861.jpg


b0207668_2174386.jpg


b0207668_2135568.jpg


b0207668_2194548.jpg

  《この展覧会は、出品者および館の厚意により、写真撮影、ブログなどでの
         公開が自由になっています。》



映像作品の一部。

b0207668_14115154.jpg


列車に乗って

b0207668_14132890.jpg


小さな手製の乳母車に白い人形を載せて歩いて。

b0207668_14171017.jpg


立ち止まって、1月の寒風の中で絵を人形の白い身体に描いて。

b0207668_14184632.jpg


また電車に乗って

b0207668_14201919.jpg


豪雪地帯を歩いて

b0207668_14273159.jpg


木賃宿に停まって、その日見た風景を描いて。

b0207668_1423482.jpg


翌日また歩いて

b0207668_14254815.jpg


お大師様とではない通りすがりの犬との束の間の同行二人の時を過ごして

b0207668_1431658.jpg


描く。

b0207668_14323872.jpg


雪のちらつく中で描く

b0207668_14352260.jpg


違う宿でまた描く……描く……



そうやって、出来た作品群が6体…。

b0207668_15193891.jpg


b0207668_14412095.jpg


b0207668_15282980.jpg


b0207668_1534468.jpg




会津若松、いわき、石巻……

彼は、震災1年前の夏。私の娘と共に、気仙沼、花巻などを旅していた。
もし半年、あの震災が早く来ていたら、彼等も巻き込まれていたのかも知れない……

作品化は心情的に難しい…

昨秋、彼はまた再度ひとり東北を訪れ、青森県八戸から宮城県気仙沼までの道程を
ママチャリに乗って移動した…
そしてこの冬。手製の乳母車に小さな人形を乗せて、雪の中を寒風の中を歩いた…

彼の作品テーマは、学生の頃からずうっと、『巡礼』である……

b0207668_1458239.jpg


b0207668_1459418.jpg


b0207668_1504596.jpg


b0207668_1542577.jpg


これらはKANNON、つまり観音様たちである。
菩薩と言ってもいい…
皆、海を見ている……

説明はいるまい………


旅をする。
ひたすら歩く。
動画カメラを固定して、その前を歩く。
自分の姿を収めたカメラを回収する。
また歩く。
立ち止まってカメラを固定し、絵を描く。
カメラを回収しまた歩く…

安宿に泊まって、見て来た光景の続きを絵に描く。

無口な男である。
しかし肝は据わっている。
彼の体の中には、代々修験者の血が流れているからである。
歩くこと、生きていくことそのことが表現。

私たち夫婦。娘。
群れることを好まない。

そこになにゆえか縁あって、また放浪人の気質を持った青年が家族に加わった……
[PR]
by eveningprimrose45 | 2014-04-06 16:14 |
長い人生の旅をしてきた…

私の本当の心性は、漂泊を好む。
それは、私が幼い頃に家を失い、転居を繰り返してきたからだろうと思う。

だが、人生の後半においては、私は、あまり意に添わぬ街にもう30年の余も
定着して過ごしている。

旅がしたい…
見知らぬ街の、見知らぬ人々の間に身を紛れこませたい…
そう願いつつ、動けない…動かないでいる…

ここは私の心の旅をするページ。





[PR]
by eveningprimrose45 | 2013-08-04 15:00 |