「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

4月某日。
小田急線沿線のとある町で行われている展覧会に行く。

その建物のある緑地は、180ヘクタールもあって、そこには他にも古民家園や
噴水広場、 自然探勝路、野鳥の森、梅園、つつじ山、奥の池、ホタルの里などがあって、
さまざまな楽しみ方が出来るようになっている。

さて。目的の展覧会は。

b0207668_1454861.jpg


b0207668_2174386.jpg


b0207668_2135568.jpg


b0207668_2194548.jpg

  《この展覧会は、出品者および館の厚意により、写真撮影、ブログなどでの
         公開が自由になっています。》



映像作品の一部。

b0207668_14115154.jpg


列車に乗って

b0207668_14132890.jpg


小さな手製の乳母車に白い人形を載せて歩いて。

b0207668_14171017.jpg


立ち止まって、1月の寒風の中で絵を人形の白い身体に描いて。

b0207668_14184632.jpg


また電車に乗って

b0207668_14201919.jpg


豪雪地帯を歩いて

b0207668_14273159.jpg


木賃宿に停まって、その日見た風景を描いて。

b0207668_1423482.jpg


翌日また歩いて

b0207668_14254815.jpg


お大師様とではない通りすがりの犬との束の間の同行二人の時を過ごして

b0207668_1431658.jpg


描く。

b0207668_14323872.jpg


雪のちらつく中で描く

b0207668_14352260.jpg


違う宿でまた描く……描く……



そうやって、出来た作品群が6体…。

b0207668_15193891.jpg


b0207668_14412095.jpg


b0207668_15282980.jpg


b0207668_1534468.jpg




会津若松、いわき、石巻……

彼は、震災1年前の夏。私の娘と共に、気仙沼、花巻などを旅していた。
もし半年、あの震災が早く来ていたら、彼等も巻き込まれていたのかも知れない……

作品化は心情的に難しい…

昨秋、彼はまた再度ひとり東北を訪れ、青森県八戸から宮城県気仙沼までの道程を
ママチャリに乗って移動した…
そしてこの冬。手製の乳母車に小さな人形を乗せて、雪の中を寒風の中を歩いた…

彼の作品テーマは、学生の頃からずうっと、『巡礼』である……

b0207668_1458239.jpg


b0207668_1459418.jpg


b0207668_1504596.jpg


b0207668_1542577.jpg


これらはKANNON、つまり観音様たちである。
菩薩と言ってもいい…
皆、海を見ている……

説明はいるまい………


旅をする。
ひたすら歩く。
動画カメラを固定して、その前を歩く。
自分の姿を収めたカメラを回収する。
また歩く。
立ち止まってカメラを固定し、絵を描く。
カメラを回収しまた歩く…

安宿に泊まって、見て来た光景の続きを絵に描く。

無口な男である。
しかし肝は据わっている。
彼の体の中には、代々修験者の血が流れているからである。
歩くこと、生きていくことそのことが表現。

私たち夫婦。娘。
群れることを好まない。

そこになにゆえか縁あって、また放浪人の気質を持った青年が家族に加わった……
[PR]
by eveningprimrose45 | 2014-04-06 16:14 |
連載短編小説のご紹介。
私のではありません。念のため。


b0207668_3104124.png


URLはこちら。
http://www.gei-shin.co.jp/comunity/27/

すみませんが、直接飛べないようなので、コピーペーストしてお入りくださいますよう
お願いいたします。


毎月27日に更新される予定です。

どうぞよろしく。
[PR]
by eveningprimrose45 | 2014-04-05 03:23 | 日々のこと
私のこのハンドルネーム『すずめ』の由来であるが、
娘が私をつかまえて「すずめ、すずめ!」というのだ。
それは、私がかつて、冬、こげ茶色のダウンパーカーをよく着ていたから。

私は真冬でも膝下丈のタイトスカートにナマ足である。ソックスは履くが。
上半身は、こげ茶色のたっぷり大きいダウンパーカーで、
そこから細い足が2本、寒そうに出ているのが、雀そっくりなのだという。

娘はその頃我が家から歩いて10分ほどのところにアパートを借りて住んでいた。
そこにのちに夫となる男の子が訪ねてくる。
買い物などに行ったり、駅前を歩いていると、二人にときどきぱったり出くわすことがある…
眼鏡をかけていてもド近視の私はなかなか気付かないが、視力2.0近い娘は
遠くからでもすでに私を見つけている。
そして、私がようやく気付いて「ああ!」という時には、娘はもう
こちらに歩いてきながら笑い転げているのである。
会うなり、「すずめ!」と言ってまた笑う。
私よりはるかに背の高い娘は、ときには「すずめ!」といいながら私の頭を
撫でてくれることさえある。
彼は、わけのわからないままに、そばでやはり笑っている。

この土の人形は、その彼が(今では我が家のお婿さん)、その頃、旅に出た時
「お母さんに」と言って土産に買ってきてくれた素焼きのすずめ人形である。
すずめの人形、というのもおかしいが。
断じてこれは、タヌキではないのである!(笑)





[PR]
by eveningprimrose45 | 2014-04-04 23:55 | 日々のこと