「ほっ」と。キャンペーン
私のこのハンドルネーム『すずめ』の由来であるが、
娘が私をつかまえて「すずめ、すずめ!」というのだ。
それは、私がかつて、冬、こげ茶色のダウンパーカーをよく着ていたから。

私は真冬でも膝下丈のタイトスカートにナマ足である。ソックスは履くが。
上半身は、こげ茶色のたっぷり大きいダウンパーカーで、
そこから細い足が2本、寒そうに出ているのが、雀そっくりなのだという。

娘はその頃我が家から歩いて10分ほどのところにアパートを借りて住んでいた。
そこにのちに夫となる男の子が訪ねてくる。
買い物などに行ったり、駅前を歩いていると、二人にときどきぱったり出くわすことがある…
眼鏡をかけていてもド近視の私はなかなか気付かないが、視力2.0近い娘は
遠くからでもすでに私を見つけている。
そして、私がようやく気付いて「ああ!」という時には、娘はもう
こちらに歩いてきながら笑い転げているのである。
会うなり、「すずめ!」と言ってまた笑う。
私よりはるかに背の高い娘は、ときには「すずめ!」といいながら私の頭を
撫でてくれることさえある。
彼は、わけのわからないままに、そばでやはり笑っている。

この土の人形は、その彼が(今では我が家のお婿さん)、その頃、旅に出た時
「お母さんに」と言って土産に買ってきてくれた素焼きのすずめ人形である。
すずめの人形、というのもおかしいが。
断じてこれは、タヌキではないのである!(笑)





[PR]
by eveningprimrose45 | 2014-04-04 23:55 | 日々のこと